鳥取県の伝統工芸品、因州和紙とあかりを融合させた「和紙あかり」を製作できる工房です。 

Facebook
Facebook

遊楽隣工房とは?

about01

 

遊楽隣工房(ゆらりんこうぼう)

 

鳥取県の伝統工芸品「因州和紙」とあかりを融合させた「和紙あかり」を製作できる工房です。

あかりの枠は近くの砂丘から拾ったかづら、あかりの台座は廃材となった木材を使っており、工夫を凝らした作品が製作できます。また、かづらの枠を使ったあかりのほか、円球のあかりの製作体験も始まり、毎回、違ったあかりを製作する楽しみがあります。

和紙の柄や色、あかりの色によって、かもしだす雰囲気はひとつひとつ違います。工夫された材料を使い、世界でひとつだけのオリジナルの和紙あかりを製作できます。

about02

工房の外観

 

つるで作ったフレーム

つるで作ったフレーム

 

因州和紙

様々な色柄の和紙から好みのものを選びます。

 

about05

 

「和紙あかり作り体験」: 

(教室日)随時 完全予約制 (訪問されたい希望日、時間、人数をご連絡ください)
(時 間)9:00~17:00
(費用の目安)1人 3,000円〜(材料費込み)
(時間の目安)60分 または 190分
お問い合わせ:
遊楽隣工房(代表 進木富夫)
電話: 090−2802−9637
メールでの問い合わせ: http://nowinc.jp/yurarin/?page_id=34

 

住所  鳥取県東伯郡北栄町由良宿


大きな地図で見る

Home 遊楽隣工房とは?